スタッフ紹介

イトウホール ホームスタッフ紹介 > 今井 宗臣

館長 今井 宗臣

仕事内容

亡くなられた方の病院などへのお迎え 葬儀の内容のご提案と打ち合せ、通夜式 葬儀式の祭壇の設営 司会進行 運営の全般

心がけていること

お客様にとって葬儀は非日常的な出来事です。
1本の依頼電話を受けてからご不安な心境のご家族様のところへかけつけていち早く不安を取り除き、お客様の要望・ニーズにそったセレモニーを提案・実現できるように心がけています。

仕事のポリシー

感謝の気持ちを念頭に、お客様から頼られることに喜びを感じ、その期待に応えられるように常に自己啓発し知識を身につけて、真心のこもった葬儀という「かたち」で提供する行動力・実行力・人間力をつける事

印象に残っているエピソード

葬儀を施行するにあたり自分ひとりで出来る事は限られています。ただ従業員の仲間と同じ目的に向かって、工夫・助け合いながら進めていく事により、試練を乗り越え、成し遂げたときの達成感・充実感を肌で感じた時、この仕事のやりがいを感じます。

お客様とのエピソード

奥様をを亡くされ、年配のご主人と二人の息子様のご家族を担当した時の事です。
突然のご不幸という事もあり、ご主人はかなり落ち込んでみえました。息子様達と葬儀の打ち合せを進めていく中、寡黙なご主人はただうつむくばかりで、何も話されません。
 打ち合せが終盤を迎えた時、ご主人が一言。 
「妻には今まで苦労をかけた。お金の事は心配するな。そんな淋しい葬儀をしてくれるな!」息子様達に一喝されてみえました。
その後ご主人の意向もふまえ葬儀を行いました。その言葉以降、葬儀が終わるまで打ち合せ中もうなずくだけでご主人は一言も言葉を発する事なく、ただただ淋しげでした。
すべてが無事に終わり自宅にお伺いした時にご主人から
「君にはお世話になった。本当にありがとう。俺の時は必ず君にお願いするから、頼むぞ」  寡黙なご主人に言われたその一言の重みが今でも忘れられません。
 いつか遠い未来にその時がきた時、あのご主人に納得いただける旅立ちのお手伝いができる様にと日々努力しています。